You are here:

top

石州流について

石州流は、将軍家をはじめ諸大名の茶道として江戸時代に全国各藩に広がり発展しました。仙台藩でも代々藩主の茶道として伝えられた流儀であります。石州流の流祖片桐石見守(いわみのかみ)貞昌公(1605~1673)は1624年従五位下石見守に叙任され、大和国小泉(現奈良県大和郡山市小泉)1万3千余石の城主となりました。石見守であったので石州といわれ、石州流の名称はこれに由来します。

石州公は茶道を千道安(利休の長男)の高弟桑山宗仙に師事し、四代将軍徳川家綱公の茶道師範となりました。それ以来石州流は大名茶として全国各藩に広められ、各派に分れて発展して今日に至っております。一方、仙台藩では、すでに2世動閑(1614~1691)が2代藩主伊達忠宗公の命により、石州公の許に師事していましたが、13年の修行の後、仙台藩の茶道頭となりました。3世道竿(1662~1737)は動閑の弟子でありましたが、4代藩主綱村公の命で、松浦鎮信公及びその師である藤林宗源(石州公の家老)に師事し数奇伝授を受け、動閑の後継者に指名されました。茶道熱心な綱村公は道竿工夫の茶の湯を殊の外好まれ、綱村公の考えによって、仙台藩の茶道は「石州流清水派」として確立されました。以来変わることなく今日まで継承されております。また、石州流清水派の流儀は、歴代の仙台藩茶道頭、特に道竿によって全国各地に広められました。この流儀の特色のひとつとして、「茶の湯は貴賎の別なく誰にでも楽しまれるものである」という石州公の言葉が遺されていますが、それに象徴されるように心豊かに、温かく、奥深いものがあります。

 

 
Copyright (C) 2011 sekisyuryu hiroshimakenshibu. All Rights Reserved.